ウエイトリフティングとは

今日はウエイトリフティングについて紹介します。

最近では山本俊樹選手がパワーリフティングの試合で300kgスクワットして、一躍有名人になりました。

まずはウエイトリフティングのルールを説明します。

種目はスナッチとクリーン&ジャーク

ウエイトリフティングはスナッチとクリーン&ジャークそれぞれの重量とこの2種目を合計した重量で競います。

スナッチ バーベルを床から一気に挙げる種目

クリーン&ジャーク バーベルを床から鎖骨まで持ち上げ、鎖骨から頭上に挙げる種目

クリーン=バーベルを床から鎖骨まで挙げる動き

ジャーク=鎖骨から頭上に挙げる動き

スナッチの重量+クリーン&ジャークの重量で順位が決まります。

競技の順番はスナッチ3回→クリーン&ジャーク3回です。

スナッチで負けていても、クリーン&ジャークで逆転することもでき、それを逆転ジャークと言っています。

これをやるとなかなか盛り上がります。

ちなみに私はクリーン&ジャークの方が得意でした。

試技回数は3回づつ

前述しましたが、試技できる回数スナッチとクリーン&ジャーク各3回づつです。

3回連続で失敗すると合計重量がでないため、失格になります。でもクリーン&ジャークに進むことはできます。

スナッチとクリーン&ジャークそれぞれの重量も表彰される大会があるのでスナッチだめでも、クリーン&ジャーク入賞ということはあります。

しかし、オリンピックはスナッチで失格するとクリーン&ジャークができなくなります。

なので基本的にそれぞれ1回目は必ず挙げられる重量を選択します。1回目成功すれば、失格の危機はないので2回目 3回目が勝負できます。

ちなみに3回連続で失敗することを3ポロと呼び、仲間にいじられ、コーチに怒られますw

基本的には1回目の試技は慎重になります。

重量は1kg刻みで上げることができる

スナッチとクリーン&ジャークは1kg刻みで重量を上げることができます。

当然ですが、1回目成功した場合、2回目は重量を上げていきます。重量を上げる上限はありませんが、1kg刻みです。

A選手とB選手が同じ重量を挙げた場合は、体重差となり軽い方が勝ちます。

競技の順番は申告した重量順で行っていきます。

スナッチ1回目がAさん80kg Bさん100kg Cさん120kgの場合はA→B→Cの順番で試技をします。

この1回目の試技の順番が発表されウォーミングアップを行います。

このウォーミングアップでも戦いは始まっています。

Cさんは1回目120kgで3番目だと思ってゆっくりアップをしています。

しかし、Aさんがいきなり1回目を130kgに Bさんが140kgに上げてきたとします。

するとCさんは120kgのため、いきなり最初になり急いでウォーミングアップしなければならなくなります。

1回目の試技も重量を変更できるので、こういった心理戦もオリンピックでは行われます。

静止時間は規定なし

静止時間は規定はないようですが2秒ぐらいは静止しないといけません。

持ち挙げている状態はきつそうに見えますが、あがっちゃえばそこまできつくないです。

持ち挙げるまでが重いのです。

ちなみに私はジャークで頭上まで持ち挙げましたが、ふらついてしまい静止できず失格になったことがあります。

反則行為

反則動作があるとその試技が失敗になります。

・頭上に挙げた時に肘が曲がる

・頭上に挙げた時、一回肘が曲がってもう一回の伸ばす

・地面に体がつく

・クリーンのとき肘が膝にあたる

・クリーンのあと膝を伸ばさずに、ジャーク動作に入った

・ジャークのとき膝を曲げたがジャーク動作に入らなかった

・バーベルを下す際、肩までバーベルに手を添えなかった

などなど

ウエイトリフティングの見どころ

そろそろオリンピックなのでTVでウエイトリフテイングを見ることもある思います。

一番の見どころは試技台に上がってくる選手の表情や態度です。

わめきちらす選手もいれば、すましている選手もいます。あとパフォーマンスする選手もいますね

あと挙げたあとの喜び方ですね。

プレートにキスする選手やバク天する選手がいます。

競技としては日本人選手が3回目何キロ挙げれば入賞できるか考えながらみて、3回目の試技はメダル勝負なのか、諦めて自己記録を狙うのか予想しながら見ると面白いですよ。

まとめ

ウエイトリフテインングはマイナースポーツですが、見ると面白いです。

選手は試技台に乗ったときめちゃくちゃ緊張しています。

入賞が掛かっているときは気合が入りまくっています。

その緊張感を一緒に味わうのもいいかもしれません。

100kg以上の重りを頭の上まで挙げているスーパーマンをみて楽しみましょう。

人気がでることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。