グルタミンの効果を徹底解説 筋トレへの効果や飲むタイミングを紹介します

筋トレのサプリメンとして有名な「グルタミン」

「筋トレ オススメ サプリ」で検索すれば必ず出てくると言っても過言ではないでしょう。

それだけグルタミンはトレーニーにとって必要不可欠なサプリトなのです。

グルタミンの主な効果は「免疫向上」「筋分解の抑制」「消化管の栄養」です。

ハードなトレーニングをする人にとってはどれも欠かせない効果です。

今回はグルタミンの効果適切な飲み方オススメのメーカーグルタミンが多く含まれている食材を紹介します!!

グルタミンとは

グルタミンとはアミノ酸の1種です。

BCAAやEAAは必須アミノ酸と呼ばれ人間の体内では生産できず、食物で摂取する必要があります。

一方、グルタミンは体内で生産できるアミノ酸です。

じゃあ摂る必要ないんじゃないかと思う方もいるでしょう。

グルタミンは条件下必須アミノ酸とよばれ、ある条件下で不足し摂取する必要が出てきます。

ある条件とは、体にストレスがかかったときです。

ストレスとは精神的なものなどもありますが、身体的ストレスも含まれます。

例えば、筋トレダメージや風邪を引いたときのダメージも含まれます。

精神的・肉体的ストレスがかかったとき、グルタミンを消費するため、摂取が必要になります。

グルタミンの量が減ると下記の問題が起きます。

・免疫力の低下

グルタミンは免疫細胞のエネルギーになります。筋トレをして、グルタミンが消費すると、免疫細胞が減り風邪をひきやすくなります。

大流行中のコロナウイルスにもかかりやすくなるかもしれません。

病気にならないためには免疫を高めておく必要があります。

免疫対策には下記をご覧ください。

・筋分解が進む

筋トレをすると、筋肉からグルタミンを取り出しエネルギーにしようとします。せっかく筋トレしたのに、筋肉を分解されたら嫌ですよね?筋肉の分解を防ぐためにもグルタミンが必要です。

減量中もエネルギー不足のため、筋肉を分解してしまいます。減量中もグルタミンを積極てきに摂取すべきでしょう。

減量中の筋分解を防ぐサプリを紹介しています。

・消化管が弱くなる

グルタミンは消化管=腸の栄養にもなります。グルタミンが不足していると、腸の元気がなくなり、風邪を引きやすくなったり、消化が弱くなるかもしれません。

バルク期はたくさん栄養を摂取しますが、腸が弱っているため吸収できなかったらもったいないですよね!

バルク期も積極的に摂取すべきでしょう。

グルタミンの摂取タイミングと量

1日に摂取すべきグタミンの量は10~15gです

グルタミンはストレス下では不足しますが、基本的には体内に豊富に存在しています。

たくさんある状態で摂取しても意味がありません。

摂りすぎでも無駄になってしまうので、気を付けましょう!

オススメの摂取タイミングを紹介します!

・朝1番

寝ているときは栄養を摂取していないので、朝は筋肉が分解されている可能性があります。

筋分解の状態を防ぐために、朝1番にグルタミンを飲みましょう。プロテインでもいいんですが、プロテインは吸収までに1時間くらいかかります。

グルタミンは30分程度で吸収されるため、グタミンにすべきでしょう。

また、すきっ腹の状態でグルタミンを飲むことで、腸に栄養を与えることができます。

・筋トレ後

筋トレは体にストレスがかかるため、筋肉を分解してグルタミンを取り出します。

筋トレ中と直後は筋分解が優勢です。その後、筋合成が優勢になります。

ハードな筋トレをして、風邪を引いてしまった経験はありませんか?

これはグルタミンが不足して、免疫が低下したことで風邪を引いてしまうのです。

筋トレ後のプロテインに混ぜて飲むのが良いでしょう!

・寝る前

睡眠時間は大体6~8時間程度だと思います。この間、食事はしませんよね?

つまり、その間は栄養不足になり筋肉が分解されてしまう可能性があります。

特に減量期はずっと栄養が足りていない状態のため、より筋分解が起こる可能性があります。

寝る前に飲んであげることで、睡眠中の筋分解を防ぎましょう!

オススメのグルタミンはマイプロテイン

グルタミンは「マイプロテイン」がオススメです。

マイプロテインで紹介購入時に「 X0E2-R1」入力すると500円割引になります。

マイプロテインは国産に比べかなり安いです。

しかし品質も他機関に保証されています。

国内産にこだわる方もまだ多いと思いますが、国内だから品質が高いわけではありません。

また、品質が高いから、値段が高いわけでもないです。

生産量が少ないから値段が高いのです。

マイプロテインはヨーロッパNO1のメーカーです。

生産量も多いからこそ安い価格で、品質が証明されている製品を販売できるのです!

グルタミンが豊富な食材

グルタミンはタンパク質が豊富に含まれている食材なら、基本的に含まれていると考えて良いでしょう。

<グルタミンが多く含まれている食材>

豚肉、レバー、小麦粉海藻、大豆、サトウキビ、肉、魚、卵、チーズ、トマト ホウレンソウ

肉や魚以外にも、ホウレンソウなどの野菜にも含まれています。

肉、魚1品とトマトやほうれん草をサラダなどで食べれば完璧ですね!

あと、プロテインの場合はホエイよりカゼインの方が多くグルタミンを含んできます。

カゼインはホエイと比べ吸収に時間がかかるため、筋トレ後など給食にタンパク質を補給したい場合には向きません。

寝る前が1番良いでしょう。

まとめ

グルタミンはトレーニーにとっては必須のサプリメントです。

筋分解を防ぐため、風邪を引かないようにするためにもグルタミンを飲みましょう。

グルタミン以外にも飲むべきサプリメントがあります。

それはクレアチンです。

クレアチン・グルタミン・プロテインは筋トレの3種の神器と言っても過言ではないでしょう。

ぜひクレアチンもチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。