【まだ間に合う!ギリセーフ!】夏までにマッチョになる方法とは?

今年の夏はどのように過ごしますか?

夏になると海に行ったり、プールにいったり水着を着ざるおえない状況が来るかもしれません。

水着じゃくとも、薄着になるので露出が増えること間違いなしです。

ちなみに、今の状態で水着になれますか?

まだ水着は着れない!(号泣)みたいな人がこの記事を読んでいると思いますw

みんなで海行きたいのに恥ずかしいから行けない・・・

そんな方に朗報です!

たぶん、まだ間に合います!

この記事を書いているのが5月13日です。

海に入れるのが7月中旬くらいと考えると

5月~7月で約2か月あります。2か月あれば、ある程度納得いく体を手に入れることができます。

でも過度な期待はNGです。

このデブが2か月で・・・・

こうはなりません!!

人によりますが・・・

2か月だと体重なら-10kg 体脂肪は5%くらいなら落とせます。

今回はデブ・ちょいデブの2パターンで2か月で良い体になる方法をレクチャーします。

~ダイエット基本~

ダイエットの基本は消費カロリー>摂取カロリーを維持することです。

この記事を読んでダイエットの基本が書いてあるので読んでください。

夏までに【デブ】がすべきこと

男も女もデブというは一定数ファンがいるものです。いわゆるデブ専です。

絶対にモテないということはないんでしょうが、過半数人間はデブより通常体形のほうが好きだと思われます。

なぜデブなのに夏になったら、痩せたいと思うのでしょうか?

人の目なんておかまいなしに飯食ってきたから、太ってるんですよね?

1食でデブにはなりません。日々の積み重ねがあなたをデブにしているのです。

つまり、デブは日常の食生活が異常なハイカロリーである可能性があります。

そんなデブが何をすべきか見ていきましょう。

食事を見直せ!油を控えろ!

デブはよく「食べてないけど太る」と言います。恐らくこれは本当です。

食べる量はそんなに多くないかもしれません。

しかし、食べるものがハイカロリーなのです。

例えばお菓子では、せんべいではなくポテチを食べる。米ではなくパンばかり食べる。などなど

油の摂りすぎの可能性があります!

以下3つを必ず守ってください。①「お菓子を辞める」②「パンを辞める」③「ファーストフードを辞める」

パンは実は油が多く使われているため、カロリーが高いです。

②走れ!もしくは歩け!

食事でカロリーを抑えて、次は運動でカロリーを減らします。

脂肪燃焼には有酸素運動が1番効果的です。

週3回くらいは走るもしくは歩いてください。

時間は短くても長くても良いです。

続けられる長さの運動をしてください。

私なら、10分間ランニングをすると思います。

距離×スピードで消費カロリーが左右されます。

このサイトでランニングの消費カロリーを調べることができます。

③筋トレしろ!

結局痩せても、ガリガリになってはもったいないです。

今からジムに入る必要はなので、自重トレーニングをしてください。

腕立て、腹筋、背筋など普通の筋トレで大丈夫です。

しかし、本気で良い体になりたいならジムはオススメです。

まずは、地域の体育館のジムでトレーニングするのが良いでしょう。

1回数百円で利用できます。

筋トレも週3回くらいしてください。

夏まで【デブ】がすべきこと まとめ

デブは2か月間以下3つを実践してください。

①食事制限 油ものを控える

②有酸素運動 ランニングorウォーキング

③筋トレ 自重でもok

夏までに【ちょいデブ】がすべきこと

そこまでデブじゃないけど、「脱いだらお腹が出ている」「周りから太ったね」と言われる方がちょいデブです。

学生時代は痩せてたのに、運動しなくなってお酒を飲むようになったら太った。

こういう人が多いと思われます。

ちょいデブはここで踏みとどまらないと、このままデブになり続ける人生が待っています。

この夏までに昔の体を取り戻しましょう!

①最初の1か月はとにかく筋トレ

ちょいデブさんも日常の食事でカロリーを摂りすぎています。

その食事を続けていけば必ずデブになります。

しかし、筋肉をつける場合は、少し多めにカロリーを摂った方が良いです。

なので、まずはいままで通りの食事で筋トレしましょう。

筋トレはできればダンベルなどのウエイトトレーニングが好ましいです。

痩せるためには、「胸」「脚」「背中」など大きな筋肉を鍛えたいです。

大きな筋肉を動かした方がカロリーを消費します。

また、かっこいい体を作るためにも重要です。

大きな筋肉は高重量に反応しやすいです。

だから、自重よりウエイトの方が良いです。

ジムに入会するor市営ジムに通いましょう。

時間は30分以上で週4回が目標です。

②次の1か月は有酸素+筋トレ

2か月目から有酸素を追加して、さらに脂肪を燃焼させましょう。

有酸素は筋肉を分解する効果があります。

1か月目はとにかく筋肉を付けたいので、有酸素はしません。

2か月目から脂肪を落とすフェイズにはいります。

有酸素は20分以下で、息が上がらない強度で行いましょう。

長時間行うと先ほども申し上げた、筋分解が起こります。

有酸素は毎日でも大丈夫です。

高頻度で有酸素する場合は筋トレは週2~3回くらいに落としても良いです。

③2か月目の食事は油を控える

1か月目はハイカロリーで効率よく筋肉をつけます。

そのため食事はそこまでこだわりません。

2か月目からはダイエット食に変えましょう。

ダイエットをすると炭水化物も油も抑える人が多いです。

これだと続かないので、「油」だけを控えてください。

例えば、鶏皮を外す。ドレッシングはノンオイル。ラーメンをそばに。など

毎日の食事で、食べるものを気を付けてください。

夏までに【ちょいデブ】がすべきこと まとめ

ちょいデブは2か月間で下記3つを取り組んでください。

①最初の1か月筋トレ できればウエイトトレーニング

②次の1か月有酸素+筋トレ やりすぎ注意

③2か月目から食事制限 油を控える

まとめ

2か月あればある程度納得のいく体を手に入れることができます。

夏までに理想の体を手に入れたければ、続けることが大切です。

ダイエットは続けられない人がとても多いです。

ただ続けるだけで痩せられるのに・・・

頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。