バーベルショルダープレスのススメ

今回は中級者向けの記事です。

三角筋の前部のトレーニングでプレスをするトレーニーが多いです。

特に座った状態でのダンベルプレスが人気です。

おそらくユーチューブが原因でしょうw

今回はダンベルショルダープレスとバーベルショルダープレスについて解説します。

私は断然バーベルプレスがオススメです。

ダンベルプレスのメリット

手軽さ

スタンディングならダンベルがあればできますので、家でも簡単にできます。

シーティングでも椅子とダンベルがあればできます。

手軽にできることが1番の良さです。

スタビライザーを刺激できる

スタビライザーとは動作をするときに、姿勢の維持や動作を安定させるために使われる筋肉のことです。

ダンベルは片手で支持するため、不安定です。ぐらつかないように、無意識に筋肉に力を入れているため、多くの筋群が活動します。

ダンベルプレスのデメリット

高重量が扱いづらい

有名ユーチューバーたちは30kg~40kgぐらいでシーティングダンベルプレスをやっています。

プレスの良さは高重量をかけられることです。

しかし、高重量の場合ダンベルをスタートポジションに持って来ることは非常に難しいです。

シーティングなら膝にのせて、膝でキックして肩にダンベルを持ってきます。

スタンディングならダンベルをウエイトリフティングのクリーンで持ち上げる必要があります。

どちらにしろめっちゃ疲れます。

不安定すぎる

前述したように、ダンベル種目は片腕で支持するため不安定です。

高重量を扱うときは、ダンベルの軌道を安定させることに意識が向き、刺激したい三角筋前部への意識が弱くなります。

ダンベルプレスのまとめ

ダンベルプレスは高重量には向かない種目だと思います。

上級者になればダンベルを上手く使えるようになりますが、筋力がまだ弱い初心者~中級者には向きません。

ダンベルプレスをする場合は軽い重量で、フルレンジのプレスがオススメです。

バーベルプレスのメリット

スタートポジションに持ってきやすい

バーベルの場合はラックからバーベルを取って、スタートポジションをつくります。

高重量であっても簡単に準備ができます。

安定性が高い

バーベルは両手でバーを支持しますので、ダンベルより安定性が高いです。

やってみるとわかりますが、両手で持っていることで、軌道がダンベルより制限され安定した動作ができます。

そのため三角筋を意識しやすいです。

バーベルプレスのデメリット

手首を痛めやすい

バーベルの方が高重量を扱える分、手首への負担も大きくなります。

ダンベルは手首が負ける(手首がそっている状態)と挙げづらくなりますが、バーベルの場合は負けている状態でも無理矢理挙げることができます。

また最初のスタートポジションでも、手首が負けてしまう場合が多いです。

負けた状態でスタートすると、より痛めやすくなります。

私は鎖骨に乗せて、手首を立てて持ってから必ずスタートしています。

またリストラップも必ずつけます。

まとめ

高重量=バーベル

低重量=ダンベル

この使い分けが良いと思います。

みんなやっているから、ダンベルプレスしたい気持ちはわかりますが、ほんとに効かせられていますか?

もっとユーチューバーがバーベルプレスをやれば人気がでるのに・・・

私はウエイトリフティングをやっていたので、バーベル種目が得意です。

次回はシーティングとスタンデイングについて書いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。