筋トレはどれくらい休んで大丈夫??マッスルメモリーは実在するのか?

真剣にトレーニングしている人は週4~5回、多い人は毎日ジムに行っているでしょう。

そんな一流トレーニーがジムに行けないと、「罪悪感」「筋肉が落ちる不安」を感じるでしょう。

しかし、ジムに行けない状況になることは珍しいことではありません。

  • 旅行に行く
  • 仕事が忙しい
  • ジムが閉まっている
  • 実家に帰省する  etc

筋トレが好きな人は基本的にマジメな人が多いです。

なので、筋トレしないことにストレスを感じてしまいます。

今回はそんなまじめなトレーニーを安心させるため

どれくらい筋トレを休んでも大丈夫なのか説明します。

大丈夫=筋肉が落ちないということです。

この記事で不安を払拭してください。

結論!3週間は休んでもOK

さっそくですが、結論です。

3週間休んでも筋肉は落ちません!

海外の研究結果により、筋肉が落ちないことが明らかになりました。

「15週間ベンチプレスをさせる集団「6週間ベンチ→3週間なにもしない→10~15週間はベンチ」のグループで筋肉の成長具合を比較しました。

結果、どちらも筋量に変化がありませんでした。

つまり、3週間休んだとしても、その後通常のトレーニングを行えば、筋量は減らないのです。

詳しくは下記の動画を見てください。

1:00~4:00くらいの間説明があります。

確かに、筋トレをしないことに不安を感じることはよく分かります。

しかし、筋肉自体は減らないので、ストレスに感じないようにしてください。

3週間休んでも大丈夫と分かりました。

では3週間以上の場合はどうなんでしょうか?

長期で休んでもマッスルメモリーがある

マッスルメモリーという言葉をご存知ですか?

1度筋肉を付けた人は、その後筋トレをやめて筋肉がなくなっても、筋トレを再開すれば、すぐに元に戻ります。

これをマッスルメモリーと呼びます。

私は高校で1年間ウエイトリフティングをやっていました。

インターハイが終わって9月から受験勉強をスタートして、6か月間トレーニングを辞めました。

そして、4月に再開した時は、筋肉が落ちて全然挙がらなくなりました。

そして、地道に練習を続けて、大体9月~10月で元に戻りました。

大体6か月で同じ筋量に戻りました。

私のイメージでは、トレーニングを長期間休んでも、その休んだ期間分トレーニンをすれば筋量は元に戻ると思われます。

また海外の実験でも、同じよう結果が出ています。

トレーニングを7週間行い、7週間休む、その後7週間トレーニングする

結果は、7週間休む前より、7週間休んで7週間筋トレした方が筋量が増えていました。

つまり、長期間休むことで、休む前よりも筋量を増やせる可能性があります。

この実験については山本義徳さんが動画にしています。

短い動画なのでぜひ見てください。

マッスルメモリーの注意点

1つだけ注意点があります。

確かに、長期間休んでも再開すれば筋肉は元に戻ります。

しかし、体脂肪は違います。

筋トレを休むと消費カロリーは減るので、脂肪が増える可能があります。

前より筋肉は増えたけど、脂肪も増えたということになります。

もし太ってしまったら、ダイエットもしましょう。

怖がらず休もう!

スポーツ選手やトレーニーは怪我をしていても、誤魔化しながらトレーニングを続ける、ストイックマンがいます。

怪我してトレーニングするのは自尊心を高め、それをアピールして承認欲求を満たすことができます。

しかし、怪我は治りません。

この記事を読んだ人は、怪我をしたら必ず休みましょう!

痛くて頑張っても悪化するだけです。

まとめ

筋肉は3週間休んでも、落ちないことが分かりました。

7週間休んでも、マッスルメモリーでその後7週間筋トレすればもとに戻ります。

休むことを不安がらず、たまには1週間くらい休んでみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。