ジム選びのポイント

これから筋トレを始めようと思っている人へ向けた記事です。

近年フィットネスブームで、ジムが乱立し始めました。

気持よくトレーニングできる環境を作るこは、体作りで最も重要なことの1つです。

まず、ジム選びでの最低条件を考えましょう。

私の意見ですが以下3つが最優先事項だと思います。

1、家から近い

家から遠いとめんどくさいと行くのめんどくさいですよね 。遠いから行くのやめよーとならないように、家から10分圏内くらいがいいですね。

2、続けられる価格

会費高いジムに通うともったいないと思ってしまうかもしれません。家計を見直したとき、ジム会費か真っ先に削られるかもしれません。

3、自分がやりたいことができる

水泳したいのにプールがない。スタジオレッスンがしたいのにスタジオないとか。自分のしたいことができるかは必ず確認しましょう。

この3つを最低条件として、価格・設備・付加価値をポイントにジムを選んでみましょう。

圧倒的コスパ:市営ジム

トレーニング設備がある市営ジムの近くに住んでいる方、おめでとうございます。

市営ジムはコスパ最強です。

これからトレーニングを始めようと思う方に1番オススメしたいです。

メリット デメリットを見ていきましょう。

<メリット>

1、価格が安い

大体2時間200円~400円くらいです。400円で週3回行っても4,800円くらいです。

2、会員登録が楽

口座の登録とかが必要ないので事務手続きの手間がないです。住所とか記入してカード作るだけです。たまに、一切登録なしでも使えるところがあります。

3、行かなければお金を払わなくてよい

気合い入れてジム入会しても全然行かなくて、お金だけ払ってる人は結構多いです。市営ジムは都度払いなので心配がありません。

<デメリット>

1、民度が低いかも

地域密着のジムなのでいろんな人がきます。「大勢で器具占領するやつら」「うるさいやつ」「やたら話しかけてくるやつ」などなど

2、良い器具がないかも

市営ジムの設備はピンキリです。ベンチプレスの台がなかったり、やりたいことができない可能性があるので1回確認に行きましょう。最低でも「ダンベル」「ベンチプレス台」「インクラインベンチ」「パワーラック」「ラットプルダウン」があるジムにしましょう。

市営ジムは続けられるか不安な人・筋トレを体験したい人にオススメです!

忙しい人にベスト:24時間ジム

私は24時間ジムのエニタイムフィットネスに入会しています。

市営ジムの器具じゃ満足できない人にオススメです。

<メリット>

1、いつでもいける

「朝仕事前に行きたい」とか「深夜に行きたい」人にはベストです。時間が合わないと続けられない可能性がありますから。

2、大型ジムよりは安い

ゴールドジムとか大型ジムは1万くらいですが、エニタイムは7,000円くらいです。若干、24時間ジムの方が安い気がします。

<デメリット>

1、狭いかも

これは店舗によりますが、24時間ジムは狭い敷地で作られていることが多いです。ジムが狭いと器具の数が減ります。少ない器具で人が多いと待つことになるので、自分が行く時間に見学に行くことをオススメします。

2、人がない時間は危ないかも

24時間ジムは基本的に「スタッフアワー」というものがあり、朝10時から夜8時くらいのみスタッフが駐在します。それ以外はスタッフがいません。全く人がいないとき初心者がフリーウエイトやると事故が起きる可能性があります。安全第一。

24時間ジムは夜とか朝しかトレーニングできない人がオススメです。

最高の環境:大型ジム

大型ジムは「ゴールドジム」とか「コナミ」などを指します。

水泳とかもしたい人・充実の設備でトレーニングしたい人にオススメです。

<メリット>

1、器具が充実

ゴールドジムとかだとベンチ台が5~6台置いてあったり、見たことないような器具があったりします。いろんなバリエーションでトレーニングでき、器具が空くのを待たなくて良いです。

2、その他設備も充実

トレーニングスペース以外にも「プール」があったり「スタジオ」があったり。「大浴場」があったり「サウナ」があったり。いろんな設備が利用できます。

<デメリット>

1、若干高い

大型ジムは設備が良い分、価格もそこそこです。月1万くらいはかかるので、行かなくなったらもったいないです。

2、営業時間が決まっている

最近は大型ジムも24時間になりつつあります。まだ、営業時間が決まっているところも多いです。

大型ジムはお金に余裕がある人・最高の環境でトレーニングしたい人・筋トレ以外もやりたい人にオススメです。

最速で結果を出す:パーソナルジム

パーソナルトレーナーが運営するジムに行くことも1つの方法です。1番結果が出やすいと思います。

<メリット>

1、筋トレや食事の知識を教えてもらえる

初心者と上級者じゃ筋トレの効率は天と地の差があります。最初からしっかり教えてもらった方が効率がいいですね。ダイエット目的なら食事も管理してもらえます。

2、励ましてもらえる

やるき出ないとき、ダイエットでくじけそうなとき、トレーナーがいれば励ましてくれます。必ず続けられると思います。

<デメリット>

1、高い

ぶっちぎりで高いです。1か月数万円~です。1人に1人がつくので仕方ないです。必ず結果がでると思えば安いかも。

2、変なトレーナーに当たるかも

トレーナーもピンキリです。資格必須ではないので、レベルが低い人もいます。あとたまにセクハラマンもいるらしいので女性は特に気を付けてください。トレーナーの実績とか資格は必ず確認しましょう。

パーソナルジムはお金に余裕がってすぐに結果を出したい人にオススメです。

いつでも筋トレ:ホームジム

ホームジムはトレーニーの憧れですよね。私もいつかホームジムを作りたいです。

ホームジムはお金に余裕がある人、ジム行くのがめんどくさい人にオススメです。

<メリット>

1、いつでもできる

寝る前だろうが早朝だろうがいつでもOK。移動・準備のタイムロスがありません。またやる気でないならちょっと腕だけ30分とかもできますね。

2、自分のタイミングでトレーニングできる。

ジムだと使いたい器具が空くまで待たないといけません。また、人が待っている場合は気を遣います。ホームジムなら独占でき、気兼ねなくトレーニングできます。

<デリット>

1、スペースが必要

どれくらい器具をそろえるかにもよりますが、大体1つ部屋をつぶすことになります。ダンベルとベンチだけでもトレーニングできますが、脚とか背中が鍛えづらいので結局ジムに行くことになります。

2、初期費用がかかる

本当にホームジムメインで鍛えるなら、最終的に1番安い方法かもしれません。しかし、それなりの設備をそろえた場合かなりお金が掛かります。数十万は覚悟しないといけません。

3、やる気でないかも

ジムは行けば人がいますし、ジムに行くことでやる気スイッチが入ります。家だと一人だし、メンタルの家だから切り替えができないかも。

ホームジムはお金があり、スペースがとれ、モチベーション維持に自信がある方にオススメです。

まとめ

初心者には1番は市営ジムがオススメです。

市営ジムで物足りなくなったら、設備の良い24時間ジムか大型ジムがいいんじゃないでしょうか。

ホームジムとかは一生鍛える覚悟があるならいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。