筋トレで得られる効果3つと筋肉をつけることで得られる効果3つを紹介します。

皆さんが筋トレをする理由はなんでしょうか?

筋トレで何を手に入れたいですか?

最近は筋トレに「自己啓発」的な効果を求める人が多くなりました。

変わりたい」という想いでトレーニングを始める人は多いように思われます。

精神科医の「クレッチマー」は体型により性格を分類できるとしています。

・細身型 分裂気質 内気 非社交的 繊細

・肥満型 そううつ気質  陽気、同調性、高揚と沈滞が交互に起こる

・筋肉質  粘着気質  興奮しやすい 頑固 

確かに、イメージ通りの分類ではないでしょうか?

この分類が正しいなら、筋トレで筋肉つけることで、粘り強く意志の強い人間になれる可能性がありますね。

変わりたいという想いがあるのなら、筋トレをして筋肉をつけることは有効な方法です。

しかし、筋肉をつけるということは簡単ではありません。

筋トレ1回やっただけで効果があるわけではなく、才能があっても1年以上継続したトレーニングが必要です。

筋肉をつけることで得られる効果もありますが、筋トレをするだけでも精神的に良い効果があります。

筋トレをすることで、精神を高め、筋肉をつけるこで性格を変えることが可能です。

今回は、「筋トレで得られる効果3つ」と「筋肉をつけることで得られる効果3つ」を紹介します。

※精神的な効果に絞って紹介します。

筋トレをすることで得られる効果①瞑想的効果

昔から私は筋トレと瞑想は近いものだと考えています。

瞑想は「感情のコンロールを高める」「ストレス解消」「リラックス効果」「ポジティブ思考」になるなど様々な効果があり、筋トレでも同じ効果があると思います。

瞑想にはいろいろと方法がありますが、「数字を無心で数える」「体の一部を意識し続ける」などがあります。

瞑想は座って行うイメージですが、歩きながらでも可能です。

ポイントは「無心になること」です。

何も考えずにぼーっとすることてあまりないのではないでしょうか?

瞑想をすることで、思考を0にして脳を休めることができます。

私が筋トレが瞑想と同じ効果があると言うは無になれるからです。

ベンチプレスを10回やっているとき「今日あった嫌な事」「やらなきゃいけないこと」「女の子のこと」を考えることはできますか??

ほとんどの人は、無心で10回を数えていると思います。

これはわずか数十秒だけですが、それを何度も繰り返すことで、瞑想に近い効果を得ることができます。

筋トレをした後スッキリしたと思うのは、恐らく無心になる時間が長いことで脳が休んでいるからだと思われます。

筋トレをすることで得られる効果②強い自分を感じられる

筋トレをすることで自分に打ち勝つ喜びを感じることができます。

筋トレを行うことでアドレナリンが出て、興奮状態になります。

この興奮で自分が高まっている感覚を味わうことができます。

アドレナリンはもともと戦闘状態や逃走するために必要とされるホルモンで、このホルモンの効果で集中力を増加させ、運動能力も向上します。

つまり、アドレナリンがでる筋トレも1種の戦闘だと考えることができます。

戦っている相手は自分となり、つらいトレーニングを行うことで自分に打ち勝つことができます。

アドレナリンによる興奮+自分に打ち勝つ感覚 により人は筋トレのとりこになるのです。

筋トレをすることで得られる効果③自己肯定感が増す

筋トレをやっているということだけで、自分自身へ肯定感が強くなります。

筋トレが楽しくてしょうがないという人もいますが、実際つらいことをやっているわけです。

トレーニングという概念を取っ払って、運動だけを取り出したときやっていることはただ重いものを挙げているだけです。

普通に考えて、重いものを挙げるだけてつらいことですよね。w

そんなつらいことを逃げ出さずに継続的に取り組んでいるということが、自己肯定感に繋がります。

「今日だるいなぁ」と思う日でも筋トレをすることで、「頑張ってる俺えらい!」となります。

あまり褒められたことではありませんが、人と比較することでより自己肯定感が上がります。

みんなが休んでるときに自分は筋トレを頑張って自分を高めているんだ!こういう気持ちになれます。

「頑張ってる自分えらい!!」と思えることが筋トレの良さです。

筋肉をつけることで得られる効果①圧倒的自信

筋肉は目に見える形で成長していくため、はっきりと成果を感じることができます。

筋肉が発達しているということは、継続的にトレーニングを行ったという証です。

努力を続けたということが、自信につながります。

鏡で体を見るだけで、頑張った証を確認できます。

毎日お風呂に入るときに自分の体を見て、「デカくなってきたなぁ、頑張ったなぁ」と思うことができ、大きな自信となります。

この自信は自己肯定にもつながり、日々の生活の中でも自信のある態度をとることができます。

しかし、これは行き過ぎると性格が悪くなるので注意です。

私の研究によると、マッチョの3割は「自分が1番正しい」と思っています思っています。w

筋トレをして、自信をつけてしまった結果人の意見を聞かない、強情なコミュ障が生まれますw

優しいマッチョになりましょう。

自分に自信がないと思う人は、筋トレをして筋肉をつけることをオススメします。

筋トレするだけでは、その場限りの自信になりますので、しっかり筋肉をつけて永続的な自信を手に入れましょう。

筋肉をつけるだけで得られる効果②生物として強くなれる

物騒な話ですが、リアルファイトで勝てるようになります。w

やる・やらない別として強くなるので勝てますw

筋肉なんて関係ないという人もいますが、それは間違っています。

運動能力は、「運動センス 柔軟性 動体視力」など様々な要素で決まります。

その要素の1つが筋力です。

運動能力が全く同じAさんとBさんがいるとします。

この状態から、Aさんは筋トレをはじめムキムキになりました。

AさんとBさんが戦ったらどちらが勝つと思いますか?

間違いなくAさんですよね。

格闘家でもない限り、リアルファイトの能力なんてみんな同じです。

筋力を伸ばすことで、戦闘力が上がり、一般人には負けなくなります。

ここからが本題ですw

リアルファイトをしろと言っているのではなく、勝てるという事実を知ることで人間関係が楽になります。

腹が立つ奴がいても、その気になればやっちまうことができると思えば人間関係が楽になります。

自分より、ほとんどの人が生物的に弱いと思えば、人により優しくできます。

筋肉をつけることで、物理的に強くなり余裕のある人間になれるのです。

筋肉をつけることで得られる効果③人に求められる存在になる

マッチョ=希少価値が高い存在 と私は考えます。

最近は筋トレブームですが、「やば、あいつめっちゃマッチョやん!」ていう人はあまり見かけません。

皆さんの周りに、マッチョで思い浮かぶ人はどれくらいいますか?

あまりいないと思います。

マッチョはガリ ふつう デブに対して、数が少ないと考えています。

なのでマッチョになることで、そのコミュニティのマッチョポジションを獲得できます。

マッチョになると、「筋トレ教えて」「ダイエットのやり方教えて」「オススメのプロテインは?」など聞かれるようになります。

ボディメイクというジャンルで人から求められる存在になることができ、人との関わりが強くなり幸福感を得ることができます。

また、初めて会う人にも「ガタイいいですね」「鍛えてるんですか?」と聞かれ、話のネタになります。

筋肉はコミュニケーションツールとしても役立ち、コミュ障も解消できます。

筋トレ・筋肉は人生を変える

筋トレをして、筋肉をつけることで、人生を変えることができます。

私も筋肉で人生を変えた一人です。

私は大学生までウエイトリフティング部で主将をしていました。

はっきり言って、尖ってオラオラしてましたw

しかし、社会人になりなれない生活、責任とプレッシャー、先輩やお客さんとの関わりですっかり萎縮して自信がなくなっていました。

仕事もできないし、ミスして怒られるし、自分にはいいところがない、ダメな人間だと感じていました。

毎日のように上司に怒られ、お客さんにも怒られ何も言い返すことができず、苦しんでいました。

そして仕事の本を読んだり、自己啓発の本も読みましたが、全然気持ちが晴れません。

昔はもっと自信があったのに、なんでこうなってしまったのか・・・・

そう思ってたときに、筋肉がなくなって細くなっていたことに気づきました。

大学4年の時は178cm 90kg という巨漢だったにもかかわらず

社会人2年目の春では178㎝ 73㎏というアンガールズ状態になっていました。w

筋肉がなくなったから、自信がなくなったのだと思い、筋トレを1年ぶりに再会しました。

筋トレをしていることで、頑張っている自分が好きになり、自分を肯定できるようになりました。

そして、1年ほど筋トレを継続すると筋肉増えてきて自信もつき気持ちも強くなりました。

お客さんにも、ビビらないようになり、仕事でも成果を上げられるようになりました。

あまり褒められたことではありませんが、筋肉をつけたことで誰にでも言い返せるようになったと思いますw

そして、社会人で筋トレを3年継続した今では、上司にキレるようになりました。

これはいけません。筋トレをしすぎて、自信がつきすぎて攻撃的になってしまいましたw

でも、細かったころは自信がなく、毎日落ち込んでいましたが、今では落ち込まず自分を肯定できています。

これは筋肉のおかげだと私は思います。

皆さんも筋トレをやって、筋肉をつけて強い男になってください。

もっと筋トレのメリット知りたい方はテストステロンさんの

「筋トレは最強のソリューションである」を読むことをオススメします。

コミカルに筋トレの良さを説明してくれています。

まとめ

筋トレをすることで得られることもありますが、筋肉をつけないと得られないこともあります。

筋肉をつけないとみえない世界があります。

ぜひ筋肥大を目標にトレーニングを励んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。