【食べるだけ簡単に痩せられる】ダイエットにオススメな食べ物を5つ紹介

ダイエットは運動と食事が重要になります。

重要度で言うと食事>運動です。

運動でカロリーを消費することも大切ですが、運動だけで痩せるのは難しいです。

運動で500kcal消費するためには、体重によりますが10km前後走る必要があります。

10kmて遅い人だと1時間以上ランニングすることになります。

正直きつくないですか?

食事で500kcal減らすためには、おにぎりで3個分 からあげなら5個分です。

10kmランニングするのとおにぎり3つ我慢するのどっちが辛いですか?

ダイエットをするなら、食事をしっかり管理する方が効率が良いです。

しかし、筋トレをすれば筋肉が増え基礎代謝が上がり痩せやすくなります。

食事制限と筋トレは平行して行いたいですね。

太らない体づくり!筋トレで基礎代謝を上げて、消費カロリーを増やそう!

ダイエットの方法は脂質か糖質を減らす。もしくは両方

ダイエットで食事を制限する場合、方法が3つあります。

①糖質制限ローカーボダイエット(ケトジェニックを含む)

②脂質制限 ローファットダイエット

③カロリー制限

①糖質制限 ローカーボダイエット

炭水化物の量を減らすダイエットです。例えば、1日−500kcalで生活するとしたらその分を炭水化物で減らします。

炭水化物は1g=4kcalなので、500÷4=125g 1日で125g分の炭水化物を減らします。

お米で換算するとご飯茶碗2杯分くらいです。(お米約300g前後)

②脂質制限 ローファットダイエット

こちらは脂質の量を減らすダイエットです。 例えば、1日−500kcalで生活するとしたらその分を脂質で減らします。

脂質は1g=9kcal なので、500÷9=55g 1日で55g分の脂質を減らします。

全卵で換算すると、全卵5つ分くらいです。

③カロリー制限

これは脂質・糖質・タンパク質全てでカロリーを減らします。カロリーだけを見て、食事を選びます。

1日−500kcalならおにぎり1つとからあげ3つくらいです。

でも筋トレをする人はタンパク質をたくさん摂取したいです。

なのでカロリーは脂質+糖質で制限しましょう。

食べものを選ぶだけで痩せることができる

運動なしで食事だけで痩せることは可能です。

消費カロリー>摂取カロリーであれば、運動しなくても痩せることが可能です。

消費カロリーについては下記で解説しています。

正しいダイエットのやり方!これを読めば絶対失敗しません

しかし、食事でダイエットをすると基本的にみんな大幅にカロリー制限(脂質+糖質制限)をしてしまいます。

ダイエットは食べないことではなく、食事を管理することです。

「えーー難しいと」思った方に朗報です。

これ食べてれば痩せますよ!ていう食品を今から5つ紹介します。

食べるタイミングもしっかり教えます。

痩せると決めた人は私を信じて、すぐに食品を用意しましょう。

まずは食品をそろえて、ダイエットに挑みましょう!

食べるだけで痩せられる食品5つ紹介!!

1つ目 ベーグル

まずは朝食をベーグルに変えましょう。

ベーグルは低GI値・高タンパク質・低脂質な食べものです。

お米のGI値は80 ベーグルは70です。

GI値が低い方が糖の吸収が穏やかになり、痩せやすくなります。

しかも腹持ちも良く、噛みごたえもあるのでダイエットに最適です。

栄養素は約 糖質50g 脂質3g タンパク質8g  カロリー250kcal前後

糖質は50gでしっかり入っているので、朝のエネルギー補給に使いましょう!

ファインラボ プロテインパンケーキ

高タンパクなスイーツです。

1食で30g以上タンパク質が摂れ、かつ糖質・脂質も少な目です。

卵を使うので、どうしても脂質は10gを超えてしまいます。

脂質が気になる方は混ぜるとき牛乳ではなく、お水を使いましょう。

お水でも全然おいしいですよ!

このファインラボのパンケーキは自分も愛用しているんですが、マジ泣けるほど上手いです。

ダイエット中でどうしてもスイーツを食べたい人は本当にオススメです。

プロテインパンケーキは膨らまないイメージですが、このパンケーキは結構厚みが出ます。

水を少なめにするとより厚みが出ますよ!

間食に採用してください。

オートミール

これはマジで神食品です。

まずGI値が55です。 

お米が80に対して、55!

食べても太りづらい食品です。

かつ食物繊維、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。

1つデメリットを上げるなら、食べづらいことです。

もう慣れましたが、昔は臭くて食べるのが嫌でした。

工夫して食べる必要があります。

オススメはお茶漬けです。

お茶漬けで臭みが減り、お湯で柔らかくなり食べやすいです。

オートミール朝食で紹介されることが多いですが、私は夜ごはんをオススメします。

白米の代わりにオートミールを食べてください。

夜はGI値が低い物を食べた方が良いです。

血糖値が高い状態で寝ると太りやすく睡眠の質が下がります。

晩御飯にお茶漬けオートミールを食べましょう。

低糖質パスタ

糖質を50%OFFにしているパスタです。

通常のパスタは100gで、60g前後糖質が含まれています。

しかし、このパスタは26gしか糖質が入っていません。

しかもタンパク質は17gも入っています。

高タンパク・低糖質・低脂質

カロリーを気にせず、パスタを楽しむことができます。

ただ、ソースは注意です。

ソースで脂質がいっぱい入っているものを選ぶのはNGです。

オススメのソースはトマト系です。

クリーム系は脂質が多いです。

お昼ごはんやパスタを食べたい気分の時にどうぞ。

エクストラバージンオリーブオイル スプレー

オリーブオイルの効果は

①抗酸化作用

②口臭の改善

③腸内環境の改善

④悪玉コレステロールの抑制

⑤動脈硬化などの予防

痩せる油と言っても過言ではなく、オレイン酸が含まれ高血圧や血管の疾患を抑え、コレステロールを減少させる効果があります。

ここで1番紹介したいのは「スプレー」であることです。

スプレータイプだとフライパンに満遍なくかけることができ、「あ、油入れすぎちゃった」ていうのを防ぐことができます。

あとおしゃれな気分になれるのでオススメです!

まとめ

ダイエットは食事が重要になります。

ダイエット中に食べるものをしっかり管理していきましょう。

今日紹介した5つは実際に私が使っている物ですので、効果ありますよ!

これらの食品で3か月で5kg体重を減らしました。

ぜひ使ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

プロフィール

 

名前:元ウエイトリフターK

筋トレ歴:8年 高校2年~大学4年までウエイトリフティング部に所属。主なタイトル:77kg級県大会優勝 77kg級ブロック大会3位 85kg級インカレ2部5位

現在は会社員をしながらトレーニングしています。。パーソナルトレーナーの資格も取ろうと勉強しています。現在筋トレは週3回~4回 分割は 「胸・二頭・肩サイド」「背中・三頭・肩リア」「胸上部・腹筋」「脚・肩フロント」です。